京都府京田辺市の歯科、やました歯科医院。一般歯科、予防歯科、小児歯科、インプラント、矯正歯科に対応

お悩み・ご相談はお気軽に TEL:0774-34-5454

〒603-0355 京都府京田辺市山手西1-2-9

駐車場8台分あり

審美歯科

HOME»  審美歯科

審美歯科

オールセラミック

オールセラミックとは、金属を一切使用せず、セラミック(陶器)のみで作られた補綴物[ほてつぶつ]のことをいいます。金属を使用しないため天然の歯に近い光の透過性を持たせることができ、数ある修復方法の中で最も美しい仕上がりになります。治療から長期間が経っても変色することがなく、汚れもつきにくいため衛生的で、摩耗にも強いことが特徴で、もし汚れなどがあってもクリーニングを行えば元の色に戻るという特徴もあります。
ただし、衝撃にはやや弱いため被せ物の厚みがあまり薄いと破折の危険性が生じます。このため、かみ合わせの状態などによっては適さない場合もあります。

ラミネートベニア

ラミネートベニアという治療方法は歯の表面をエナメル質の範囲内(0.5ミリ程度)削り、薄いシェルを歯科用の接着剤で貼り付けることを言います。
歯並び、歯の形が悪い、歯の色が悪い、すきっ歯を治したいなどの場合で、むし歯が進んでいない時に適用できます。歯を削る量が少ないため、必ずしも麻酔の必要がありません。
欠点は破折、脱離の危険性があることと、歯の状態によっては適さないことがあります。

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。金属で補強しているので耐久性があり、奥歯のクラウン(被せ物)やブリッジの治療に用いられることが多くあります。オールセラミック同様、セラミック表面は変色せず、汚れが付きにくく、摩耗にも強いです。裏うちに金属を使用しているため、強度にも優れており、適用範囲が広く、信頼性が高い治療法と言えます。
かみあわせがきつくて厚みが十分にとれない場合はかみ合わせの面は金属のみで仕上げるベニヤタイプが適しています。
かみ合わせの面の厚みが十分取れる場合は、かみ合わせの面もセラミックで覆うフルベイクタイプが選択可能になります。 フルベイクタイプであれば口を開けても金属が見えるようなことはありません。
しかし、透明感や色調は金属を使用していないものよりも劣ります。また、経年的に歯茎が痩せて金属部分が見えたり、金属イオンが歯茎に付着して黒ずんだりするなどの問題が生じることもあります。

ハイブリッドレジン

レジン(歯科用プラスチック)にセラミックの粉末を混ぜた素材です。
レジンには変色しやすく破損しやすいという欠点があり、セラミックには硬すぎて接触する他の歯を傷めてしまうという欠点があります。

その両者の欠点をうまくカバーした、セラミックの強度と有機材料の粘り強さを併せ持った素材がハイブリッドレジンです。

メリット
  1. セラミックに比べて費用が安い
  2. 色が自然歯に似ているので見た目が良い
  3. 硬すぎず、粘り強さを併せ持ち、適度にすり減るので周囲の歯を傷めにくい
  4. 金属を使用していないので、金属アレルギーが起こらない
  5. 修理しやすい
デメリット
  1. 色調はオールセラミックに比べると劣る
  2. オールセラミックよりも若干強度が劣る
  3. セラミックより汚れが付着しやすく、時間が経つと変色する(唾液を吸収する)

ホーム・ホワイトニング

ホーム・ホワイトニングの治療の流れ

STEP1 お口の状態の確認

ホーム・ホワイトニングに適しているかをチェックし、ホワイトニング前に治療が必要な歯があれば先にそちらの治療を行います。
ご自宅で使用していただく患者様専用のマウスピースをつくります。
STEP2 出来上がってきた専用トレーの適合を確認し使用法の説明を行います。
ホワイトニング開始前に歯のクリーニングを行います。 ご自宅で1日1回2時間を目安に2週間マウスピースの装着を行って下さい。 2週間後に状態の確認を行います。

ホーム・ホワイトニングの効果

基本的にはオフィス・ホワイトニングと同様の効果が得られますが、オフィス・ホワイトニングとの違いは時間をかけてじっくり歯を白くするので、歯の表面がまだらな状態でも回数を重ねるごとに徐々に均一になります。
ご自宅で、自分で実施できますので、ホワイトニングの薬剤を追加購入すれば、気になった時にご自宅で何回でも実施できるのも利点です。ただし、オフィス・ホワイトニングと同様、失活歯や人工物には効果がありませんし、その効果には限界もあります。

このページのトップへ